英語 ENGLISH

フィリピン セブ島 オフショア開発・システム開発 | iworks株式会社


オフショア開発とは

オフショア開発とは、システム開発やWEB制作の作業を日本よりも人件費の安い海外で行うことです。
一般的に日本国内を比べ、コストを抑えられるというメリットがあります。

フィリピン オフショア開発なら⽇本国内での開発と⽐較し、コストを 20〜50% 削減することが可能です。
オフショア開発を活⽤する事で外注コストを⼤幅に下げる事が可能で、その結果、他の重要な部⾨にコストをかけられるようになり、社内の体制強化を図ったり、マーケティングや顧客開拓に注⼒する事ができるようになります。

フィリピン オフショア開発 6つの特徴

  • 高い英語力とコミュニケーション能力

    フィリピンは世界でもアメリカ、インドに次いで3番目に英語を話す人口が多い国なので、どこに言っても英語が通じます。
    エンジニアとのやり取りも全て英語でOKです。

  • アジアビジネスの絶好の拠点

    日本から約4時間半、時差もたったの1時間ということから、日本からアジアへ、アジアから世界へと展開する上でとても条件が整った環境だと言えます。

  • 勤勉で親しみやすい国民性

    フィリピン人の特徴として、とても勤勉で親しみやすい性格です。ITエンジニアもとてもフレンドリーで日本人にとって親和性が高いと言えます。

  • 人口約1億、平均24歳の豊富な労働力

    平均年齢が若いうえに今後も労働人口が増え続けることから、東南アジアの途上国の中でフィリピンが一番経済成長が見込まれる国だと言われています。

  • 毎年6%以上の高度経済成長率

    現在、フィリピンは発展著しいASEAN主要国の中でもトップクラスの経済成長率と人口の増加などの理由で、世界中から注目が集まっています。

  • 豊富なITエンジニア数

    フィリピンにはIT・技術系の大学が多く、大学を卒業したあと実務経験を積み、さらにスキルアップを目指すのが一般的といわれています。

オフショア開発の進め方と体制

プロジェクト単位での「受託型」と「ラボ型」からお選びいただけます。

「Japan Gate Aide Corporation」との連携により、数多くのプロジェクトで成果を出してきたプロジェクトリーダーや業務分野で確実に業務を遂行してきたシステムエンジニア、プログラマを多数確保しています。
要件定義から設計・開発、保守・運用までシステムライフサイクル全般に対応し、お客様のプロジェクトを成功に導くための最適なチーム、プロジェクト体制の御提案をさせていただきます。


 

 

 

 

ラボ型開発

クライアント企業より、プロジェクトマネージャーを選出していただき、遠隔(オンライン)操作もしくはiworksの現地オフィス(フィリピン セブ島)に常駐していただき、プロプロジェクトマネージャーを中⼼として開発チームを構築いたします。

職オフショア ラボ型開発


 

 

 

 

 

受託型開発

クライアント企業の担当者より、iworksの⽇本⼈SEに遠隔(オンライン)にて作業指⽰を出していただき、iworksの現地オフィス(セブ島)のエンジニアチームを円滑に稼働させ、開発作業をおこないます。

オフショア 受託型開発

サポート


サポート体制


お問い合わせ- Mail Form -

私たちはお客様のWEBサイト構築やシステム開発における多彩なニーズにお応えできるよう、受託開発およびラボ型開発サービスをご提供しております。 お客様が期待するクオリティとパフォーマンスを実現できるよう国内外で最適なチームを編成し、正確であり尚且つ柔軟な対応が可能です。まずは下記のフォームよりお気軽にお問い合せください。

 

お問い合わせ

システム開発、その他サービスに関するお問い合わせ。
どんなことでもお気軽にお問い合せください。